インドネシア進出を成功させるためにはリスク回避が重要

男女

ビジネスを始めるために

海外

香港で会社を始めるなど、ビジネスを展開していくためには、ビザの問題をクリアしなくてはいけません。香港は、中国の特別行政区になり、世界中から企業が集まってきている経済都市になります。中国を始めアジアや世界でビジネスチャンスを有利に進めていくためにも、まずは香港での会社設立が肝となります。中国のマーケットに直接参入するよりも、香港を経由することによって、スムーズにビジネスを展開していけることが多いというのです。さらに香港は税金も安くて、課税の仕組みをシンプルなので、税制面でもメリットが大きいといえます。投資で出た利益に対する税はもちろん、相続税や、贈与税もかからないので、企業によっては、かなりの節税に繋がるかもしれません。しかし、ビザの問題が解決できなければ、そうした恩恵にあずかることもできないので、しっかりと対策をしてビザを取得することが大切になります。適切なビザを取得しないでビジネスをした場合は、罰金だけでは済まされず、刑務所で罪を償わなくてはいけなくなる場合もあります。まずは、どのようなビザが必要になり、いつまでに申請して取得する必要があるのかをリサーチしておくようにしましょう。申請で心配なことがあれば、申請代理業者に依頼するのも有効な方法だといえます。業者に相談すれば、どのようなビザが必要になるのかも判明しますし、申請に関してのさまざまな手続きモレを防ぐこともできます。手間もかからないため、最もスムーズにストレスなく申請を行なうことができるはずです。