インドネシア進出を成功させるためにはリスク回避が重要

男女

独立の方法を選ぶ

ラーメン

ラーメン屋を開業するにあたっては、大きく二種類の方法があるといえます。それは、まったく自分一人で独立開業をする場合と、フランチャイズに加盟するという方法です。オリジナルのラーメン屋を開業する場合は、味の研究や市場調査などから、店舗の契約や出店の準備に至るまで、すべてを一人で担当する必要があります。しかも、ラーメン屋を開業するときには、厨房機器や、食器、テーブル、椅子といった備品を購入したり、内装したりすると、かなりの費用がかかってくるでしょう。またラーメン屋をオープンする前には、広告を打って宣伝する必要もあります。そして、オープンスタッフなど従業員を募集することも大切になります。お金もかかる上に、準備には時間も手間もかかるものです。一方、フランチャイズに加盟すると、開業までにサポートを受けることができる場合が多いといえます。設備や備品などもイチから全部そろえなくても、チェーン店で同一の物を使用するので、費用が安く抑えることができるでしょう。また、宣伝や求人も、他のチェーン店と一緒にできるため、リーズナブルにできるといえます。メニュー開発もする必要はありませんし、メニュー表などを製作する手間もありません。また、チェーン店なので、固定ファンが大勢いるため、安定した集客が見込めることが一番のメリットだといえるでしょう。フランチャイズでは、自由度は制限されますが、オーナーが飲食店の経験が浅かったり、経営スキルが豊富ではない場合でも、安心して運営していけることが魅力だといえます。